数次相続について

数次相続とは簡単に言うと相続が2回以上発生していることを言います。

まずは下記の図をご覧ください。

数次相続

被相続人とは死亡した人のことを指します。

図にあるように被相続人には相続人がA・B・Cの3人居ます。

Bが死亡していなければ被相続人の財産はA・B・Cの3人が相続します。

数次相続とはこの場合においてB(AやCも同様)が死亡しているようなケースです。

仮に被相続人が死亡した後にBが死亡したとすると、被相続人の相続財産はA・C・X・D・Eの5名で遺産分割協議を行う形となります。

ただし、この場合において被相続人の不動産をX・D・Eが相続と言う形で貰い受けることは出来ません。

X・D・EはあくまでもBの「代わり」に遺産分割協議を行うからです。

つまり、被相続人の相続人はあくまでもA・B・Cであり、Bが既に亡くなっていることからBの相続人全員(X・D・E)がBの代わりを務めている形です。

これに対し、被相続人が死亡する前にBが死亡していた場合はA・C・D・Eの4名で遺産分割協議を行います。

代襲相続と言う考え方があり、本来の相続人であるBが被相続人の死亡よりも前に死亡している場合はその子供が変わって「相続人」になります。

代襲相続できる者は被相続人の直系卑属(兄弟姉妹の場合は傍系卑属)に限られるため、上の図で言うとBの配偶者であるXはこの場合の相続人には該当しません。

このため、相続人の死亡時期によって相続関係が変わってきます。

相続の形式によっては登記が1回で済む場合もあれば2回を要することもあります。

こうしたことから数次相続の場合は手続きが複雑になるケースも多く見られます。